Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C440] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006-12-08
  • 投稿者 :
  • 編集

[C441]

なるほど、なるほど。
えっと、この前の日曜日の記事から見ている人ですか?
  • 2006-12-08
  • 投稿者 : ぴんくいくま
  • URL
  • 編集

[C442] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006-12-09
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://wacho43.blog56.fc2.com/tb.php/127-d4477cdf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

「そのこと」上

あなたは自分のしたことを本当にわかっているのですか?

あなたは、私が一度怒ったことを、たったの数週間しか置かずに、もう一度やったのですよ?

マナーのない行動を、モラルのない言葉を、また、私に向けたのですよ?

それを、もう一度、理解して下さい。




「いきなりあんなふうに書かれるとは思っても見なかった」


私は、あなたのその言葉を見て驚愕しました。

あなたは、この前の反省を、謝罪を、もう、忘れていた。

私は、たった数週間前にも、同じ了見で、あなたに注意をしたのに、
なのに、あなたは、その言葉を、私の真摯な怒りを、

たったの数週間で忘れ去って

今度は

『死』という言葉さえも、ともなって

もう一度私に向けて、私が注意したその態度を、とった。
だから私は、明確に怒りを表した。

それなのに、あなたは、私に怒られることを、心外だった、と言う。

私が厳しい対応をした、その行為を

私が「やめろ」と言った、その行為を


あなたは、たったの数週間で、また、やったのだ。


私の怒りは正当なものではないのですか?

私はあなたのその行為に対して怒ってはいけなかったのですか?


あの時、私は厳しい態度を取った、そうしたら、あなたは謝罪した。
だから私は、あなたの行為をそれ以上追及することをしなかった。

あなたが、反省したと言ったから、だから私はあなたを許した。

それなのに、あなたはその行為を、また、繰り返した。
それに対して怒った私の、どこがいけなかったんですか?


あなたは、ほんの数週間前に、私が注意したその行動を、もう一度、私に向けて、やった。
だから、私はあなたに対して、激しい怒りを表した。

この過程のどこに、この結果を予想できないような、そんな要因があるのですか?

一度目に対して怒った私が、二度目に対してさらに怒ることの、どこが不可解だったのですか?

教えてください。





次です


「冗談を交えた・・~・・断層が生まれるもの」

あなたが書いた、その、ありがちな文面。

あなたはそこに書きませんでした。

『死刑』

という言葉を使用した事実を。
あなたの記事を読んでも、

「軽い冗談を書いたら、勝手にキレられた」

その程度のことしか感じられませんでした。

あなたは、私に向けて、はっきり『死刑』と書きましたよね?

あなたは、

人に

『死ね』

と、

人に

『殺す』

と、

そう言っておいて

しかし、いざとなったらその事実を隠した。

人に『死ね』と言うことを、人に『殺す』と言うことを、そんな重大なことを、
あなたは、「軽い冗談」で覆って、その中に包み込んで、無かったことにした。

私は、そのことに対してさらに激しい怒りを感じた。

『死』という言葉が、どんなに重いのか、
『死』という言葉が、どんなに鋭いのか、

知らないなんて、言わせません。
わからないでは、済ませません。


あなたは『死』という言葉を私に向けました。


『死』という言葉は、軽い冗談ですか?

『死』という言葉は、絶対に、その通りに取られないのですか?


私が、その言葉を向けられるような事を何かしましたか?

私は、あなたに、一度でも、その言葉を向けましたか?


私にとって、その言葉を向けられることは、その言葉通りになることよりも恐ろしいこと。
思い出すだけで、頭痛がし、吐き気がし、涙が出てくる、寝られなくなる。

あなたは、その言葉を、平然と私に向けて、言い放った。

私の過去を、平然と踏み荒らした。


そのつもりがなかったら、人の、過去を、思い出したくもないものを、もてあそんでもいいのですか?


あなたは、私の一番嫌なところへ、無遠慮に入ってきた。
だから、私は激怒し、手荒く追い返した。

それをあなたは、ありふれた言葉で受け流し、なかったことにしようとして、そのうえ、被害者のふりまでした。

あなたのその神経が理解できません。


私は、

『死』という状態になることよりも、
『死』という言葉を向けられることのほうが、

遥かに恐ろしい。
スポンサーサイト

3件のコメント

[C440] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006-12-08
  • 投稿者 :
  • 編集

[C441]

なるほど、なるほど。
えっと、この前の日曜日の記事から見ている人ですか?
  • 2006-12-08
  • 投稿者 : ぴんくいくま
  • URL
  • 編集

[C442] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006-12-09
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://wacho43.blog56.fc2.com/tb.php/127-d4477cdf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ぴんくいくま

Author:ぴんくいくま
・趣味
読書、テニス

・流行りもの
ファンタシースターポータブル
「歌ってみた」


・実施中の企画
「一日一杯、野菜ジュース」
「一日一杯、おいしい牛乳」
「就寝前の30分、筋トレ月間」
「1ヵ月食費1万円生活」

・今回の執筆BGM
 『歌に形はないけれど』
by フニ子

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。